Googleお墨付きの中古ドメインの魅力!

食事中にパソコンを見る男性

大手検索エンジンGoogleはサイト集客の要といえる存在です。
日本においては7割を超えるネットユーザーが、日常的にGoogle検索エンジンを使っているといわれています。
狙ったキーワードでGoogle検索結果の上位にランクインされることができれば、圧倒的なアクセス数の増加が見込めるのです。
Googleはクローラーによってネット上の情報を収集・分析し、各サイトやページの評価結果をランキングに反映させています。
その評価に大きな影響をもたらすとされる要素の一つが、ドメインパワーです。

ドメインパワーとは、そのドメインが持つ権威性やSEO効力のことを指しています。
強いパワーを持つドメインは、優先的にインデックス登録されたり、検索結果のランキングで有利になるといわれているのです。
新規のドメインには、ドメインパワーが備わっていません。
このため具体的から評価をされるようになるためには、長い期間が必要になるといわれています。
運用履歴のある中古ドメインには、その経歴に応じたドメインパワーが備わっています。
つまり新規サイトを中古ドメインで運用すれば、ドメインパワーを引継ぎSEOで優位に立つことができるのです。
中古ドメインの利用は逆効果と言われる場合も多いですが、中古ドメインが効果的である旨が分かる記述のあるページがあったので以下に引用してみました。

購入したドメインが購入前にガイドラインに違反していたということは、中古ドメインであるということを指していますが、ペナルティだった場合は、再審査リクエストで知らせてくれれば確認するということなので、中古ドメインの利用を禁止していないことがお分りになると思います。 もちろん、中古ドメインを利用する場合は、ペナルティなどを持たない質が高い中古ドメインを利用することが効果的です。 また、実際に中古ドメインでサイト運用をしている経験から、マイナス要素を感じることはありませんし、ドメインの質とサイトの質が保たれていれば何ら問題がないと感じています。

引用元:中古ドメインがSEO対策に良いとされる原理を考察 | SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

中古ドメインの魅力は、ドメインパワーのある新規サイトをすぐに立ち上げられる点にあるでしょう。
通常、新しいサイトにはアクセスがなかなか集まらないものですし、検索結果でも大分下位に表示されることになります。
そこから地道にサイトの質を高め、ドメインパワーを育てながら上位を目指していく形になるのです。
Googleからすでに高い評価を受けている中古ドメインを使えば、初期段階から上位ランクインを目指すことも夢ではありません。

もちろんすべての中古ドメインが素晴らしいSEO効果を持っている、というわけではないでしょう。
ドメインパワーは運用履歴によって作られていくものですから、中古であってもほとんど運用されたことがないようなドメインには、SEO効果がないといえます。
またGoogleは運用履歴の長さだけをチェックしているのではなく、その質も見ています。
低品質なサイトを運営してきた中古ドメインには、低い評価を与えているのです。
質の低い中古ドメインを利用してしまうと、低評価の引継ぎによってSEOにマイナスの効果があらわれる可能性もあるでしょう。
権威性や質の高い被リンクを備えた、魅力ある中古ドメインを選ぶことが大切です。