知らずに順位を下げている?ブラックハットの危険性

丁寧にSEO対策をしていけば、徐々に検索順位が上がっていきその効果に多いな喜びを得られるかもしれません。しかし効果を求めるあまり、過剰なSEO対策をし始めてしまうと、思わぬ落とし穴に落ちてしまう可能性があります。検索順位にプラス効果を与えてくれるSEO対策も、使い方を間違えるとトラブルの原因となってしまうのです。

検索エンジンのGoogleはスパム行為や過剰なSEO対策に対して厳しく対応しており、サイトにペナルティを与えることもあります。SEO効果を目的とした過剰な対策方法は、ブラックハットSEOと呼ばれています。ブラックハットは検索エンジンのガイドラインに違反する危険な行為です。検索アルゴリズムのすきを突くような形でSEO対策を行うため、高確率でペナルティの対象となります。

真面目にサイト運営をしているつもりでも、気がつかないうちに検索エンジンからブラックハットとみなされるような、危険な行為をしているかもしれません。どういった行為がブラックハットとされているのか把握し、誤って不正行為をしてしまわないよう注意する必要があるでしょう。

検索エンジンから不正とみなされる行為とはどんなものなのか、それを知るためにはガイドラインをチェックするのが一番です。大手検索エンジンのGoogleが提示するガイドラインには、スパムを含む違反行為に関する様々な情報が掲載されています。ガイドラインで違反とされている行為を行わなければ、ペナルティを受ける心配はないのです。

知らず知らずのうちに行ってしまいがちなブラックハットとして、隠しリンクや隠しテキストが挙げられます。これらの行為はガイドライン上で明確に違反とされているため、ペナルティを呼び込む恐れがあるでしょう。たとえばサイトの背景色とテキストに指定した色が近いという場合も、隠しテキストと見られる危険性があるため注意が必要です。検索エンジンとユーザーを別のページに振り分けるような行為も、スパムとみなされます。被リンク対策等も、使い方を誤れば検索順位にマイナスの影響を与えてしまいます。

ブラックハットも一時的にはSEO効果をもたらすことがあるといわれています。しかし検索エンジンのアルゴリズムは常に進化し続けているため、すきを突くような方法はいずれ見破られてしまうでしょう。ガイドラインにしっかりと目を通し、ペナルティを呼び込むことがないよう適正にSEO対策をしていくことが大切です。

最近の投稿
サイト内検索