仕手株講座

株式投資をする投資家の皆さんで「仕手株」という言葉を聞いたことがある人もおられるでしょう。
では、「仕手株」とは何であるか、知っていますか?
知らない人のために、仕手株について分かりやすく話してみましょう。
株式投資をする人であれば、売買や株の仕組みについてよく御承知でしょう。
本来株は、成長が見込める企業に出資し、ある意味経営に参加する考え方で投資を行なうもので、配当や一株価値上昇を目的として行なわれるものです。
しかし、中には利ザヤのみを目的としたトレーダーも多く、相場に便乗して利益のみを抜き取ることもあるでしょう。
その利ザヤ抜きのプロ集団が仕手筋と言われ、特定の企業の株をターゲットに当該株式を大量に買い付けを行ないます。
買いが先行することで株価は上昇を続け、株価上昇を見るや一般の投資家が買い進み、それ以上に株価は値を上げるでしょう。
予め売却価格を決めている仕手筋は、目標に到達した株価で、持ち株すべてを売却し、その時に買指値をしていた人に株を引渡し、お金を巻上げるかたちで多くの株主から資金を吸い上げます。
このように仕手筋のターゲットとなった企業の株を仕手株と言います。
仕手株と分かって購入する人は、ベテラントレーダーで、ベテランであっても引っ掛かることも多いです。
初心者であれば、仕手株には手を出さない方が良いのですが、現在のように日経平均株価が上昇基調にあるとき、下落する株に手を出すことが難しいため、直近のチャートから上げ基調の株式を購入する傾向が強いうでしょう。
仕手株の特徴は、急激に価格を上げる傾向があり、企業財務ではそれほど健全な経営ではないことが多く、さらに現在値が500円以下の低位株がほとんどです。
現在すでに高い値嵩株では、仕手筋も大きなリスクとなるため、低位株に注目することが多いようです。
くれぐれも初心者が手を出さないようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました