中古ドメイン購入したらやっておきたい、HTTPS化対策

大手検索エンジンGoogleはサイトのSSL化を重視し、段階的な対応を行っています。すでにSSL化されていないサイトは、以前よりも検索上位に表示されにくくなったといわれているのです。Googleはさらに今後、SSL化されていないサイトに対して厳しい対応を行うことが予想されています。SSL化されていないサイト、つまりURLがまだHTTPになっているサイトは、今後、ますます検索順位で不利になっていくのです。このため中古ドメインを購入したら、HTTPS化を行ってから運用を開始することが大切だといえます。

検索エンジンはHTTPのサイトとHTTPSのサイトを個別のものと認識するため、HTTPS化をしたら過去の運用履歴による評価が消えてしまうのではないか、と心配される方もいるでしょう。しかし、きちんと手続きを行ってHTTPS化対策をすれば、以前の評価を引き継ぐことが可能とされています。SSL対応が検索順位に大きく影響するようになった現在、HTTPS化せずにサイトを運用することの方が、デメリットが大きくなっているのです。中古ドメインを購入したら早めに対策を済ませて、検索順位の向上を目指しましょう。

被リンクによるSEO効果を引き継いだ状態でHTTPS化するためには、301リダイレクトの設定が必要となります。301リダイレクトをきちんと設定すれば、過去のアドレスへのアクセスがHTTPS化されたサイト側に移転されるため、リンクによる効果を引き継ぐことができるのです。また301リダイレクトは、検索エンジンから重複サイトと見なされないためにも必要な作業となります。検索エンジンから重複サイトやコピーコンテンツだと判断されれば、ペナルティを受けてしまうかもしれません。しっかりとリダイレクトの設定を行って、ペナルティを予防し被リンクを引き継ぎましょう。

リダイレクトなどきちんとした対策を行っていても、ごく一時的にはアクセス数の低下といった問題が起きるかもしれません。しかしHTTPSに対応しないままサイトを運営していくと、今後さらに検索結果で不利になっていく可能性があります。すでに一部のブラウザでは、SSL化されていないサイトについてアドレスバー上に注意書きを表示するといった措置がとられているのです。ユーザーが安心してアクセスできるサイトを作るためにも、スムーズにHTTPS対策を行っておきましょう。

最近の投稿
No image

中古ドメイン購入したらやっておきたい、HTTPS化対策

2019年10月6日

サイト内検索