中古ドメインなのに、インデックスされない理由

色々なSNSのアイコン

SEO効果を狙って中古ドメインを運用しているのに何故かサイトがインデックス登録されない、そんな場合にはまずGoogle検索エンジンからペナルティを受けていないか確認をしてみましょう。ペナルティを受ける原因として、低品質なリンクや隠しテキスト等のスパム行為を挙げることができます。こうした行為によってGoogle検索エンジンから不正なサイトと見なされてしまうと、インデックス化が進みません。サーチコンソールに登録をしていれば、手動ペナルティを受けた際にメッセージを受け取ることができます。メッセージ内にはペナルティを受けた原因等も記載されていますので、まずは警告やお知らせなどが来ていないかチェックしておきましょう。

中古ドメインには過去の運用履歴が備わっていますので、以前運営されていたサイトがペナルティ対象となっていた場合、SEOに悪影響をもたらすことが考えられます。このため中古ドメインを運用する際には、事前に運用履歴のチェックを行うことが重要です。スパム行為や過剰なSEO対策によってペナルティ対象となったドメインを運用していると、インデックスが進まなくなる可能性があります。万が一入手した中古ドメインがペナルティを受けていたとしても、きちんと対策を行えば解除をすることが可能です。ペナルティの原因となっている問題点を改善した上で再審査の申請を行い、解除されれば再びインデックス登録が可能となります。

ペナルティになっている様子が全く無いのにインデックス登録されないという場合は、サイトのクローラビリティが影響しているのかもしれません。内部リンクに問題がありクローラーがサイト内を巡回しにくい状態となっているため、重要なページがインデックス登録されていないのです。クローラビリティが理由となっている場合、サイトの内部リンクを改善すれば問題を解決できます。クローラーがサイト内を隅々まで巡回し、重要なページを見落とすことがないよう、しっかりと内部リンク施策を行いましょう。

運用を開始したばかりだという場合は、単純にクローラーがまだ巡回に来ていないことが理由で、インデックス化が進まないこともあります。そうした場合には、サーチコンソールのFetch as Googleで対策をしてクロールを促しましょう。Fetch as GoogleからURLを送信した後、インデックス登録のリクエストを行えばクローラーが該当するページを確認してくれます。

最近の投稿
サイト内検索